ダイエットには運動、食事、酵素が大事

unndou

◆脂肪燃焼に酵素が必要

運動をするには必ずエネルギーが必要となります。

運動にかかわらず日々の生活自体にエネルギーが必須となります。

そのエネルギーとはどうやって作られるのか?

 

運動をする事で脳が「体内にある脂肪を分解し、エネルギーを作れ」と指示を出します。

そこで脂肪の分解や代謝に関して重要な酵素「リパーゼ」が活性化されます。

この「リパーゼ」は麹などに含まれており身近に摂取する事が出来ます。

 

また「リパーゼ」は消化液に含まれ、多くの生物の細胞で脂質の代謝にも関わっている酵素です。

そのためこの「リパーゼ」が少ないと人は脂肪の燃焼が出来ないのであります。

 

 

◆代謝を高める

ダイエットで出来る限りカットしたいのは脂質と糖質だとは思いますが、

ダイエットに必要なエネルギーをカットしてダイエットをするのはただ栄養不足になるようなものです。

 

太り難い体を作るには代謝を高めなければなりません。

代謝を高めるとはエネルギーの使う量を増やすという事です。

 

まず、同じ身長で食べる量も同じで筋肉量が多い人と少ない人が居ます。

筋肉量が多い人はただ普通に歩いただけでも動かす筋肉の量が多いのでその分エネルギーを消費します。

筋肉量が少ない人は動かす筋肉の量が少ないのでエネルギーは少量で済みます。

 

車で例えれば筋肉量が少ない人の方が燃費が良い車となりますので悪くない気もしますが、

車は燃料をすべて使い切れるので車のタンク以外にエネルギーが蓄積される事はありません。

しかし人は余った燃料を体に脂肪として蓄積する事が出来てしまうため、消費エネルギーが少ない人はどんどん脂肪が蓄積されてしまいます。

 

そのため筋肉量が多い人の方が断トツで痩せやすい体となります。

unndou2

 

 

◆痩せやすい体作り

運動には有酸素運動と無酸素運動の2種類があります。

 

有酸素運動は軽い負荷で長時間行うもの(長距離走や水泳)

無酸素運動は重い負荷を短時間行うもの(短距離走や筋トレ)

貯まった脂肪は有酸素運動で燃やす事が出来ます。

そして無酸素運動は脂肪では無く糖質をエネルギーとします。

 

実は有酸素運動でも糖質は使われますので有酸素運動だけすれば脂肪と糖質を消費して大丈夫と思いたい所ですが、

筋肉量が少ないままでは、日々走らなければなりません。

勿論走るのが好きな人は苦にならないでしょうが、日々長時間を走るのは普通の生活の中では中々辛いものもあります。

 

そこで無酸素運動により筋肉の量を増やす事で代謝量が高まりますので走らずとも日々の生活が自然なダイエットとなります。

無酸素運動は短時間で出来ますので有酸素運動より時間が取られません。

どちらが良いかはお好みでしょう。

 

また、筋肉を付けると腕や足が太くなると思う女性は居るかと思われますが、女性は男性と違い男性ホルモンが少ないので筋肉の肥大化はさほどしません。

ですのでむしろ女性の方が引き締まって細いシルエットになります。

 

勿論筋肉量を増やした状態での自然の生活の中でも脂肪燃焼に作用する酵素「リパーゼ」は必須となりますので摂取する事で効果は抜群に向上するでしょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

★特集

  1. 6a00591ecd5105100adcce9fca119679_s
    雑穀麹酵素とは? 今回、ダイエットの特集で取り上げたいのは雑穀麹酵素(ざっこくこうじこうそ)につい…
  2. sapuri3
    ダイエットサプリメントについて ダイエットを始めてからサプリメントに出会いましたが、最初はどんなサ…
  3. unndousapuri
    運動をするときに役立つサプリ ウォーキングなど運動をするときに役立つサプリを紹介します。 せっか…

▼スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る